東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

鈴木早苗のプロフィール

鈴木社会保険労務士事務所代表
中小企業福祉事業団 幹事社会保険労務士
メンタルヘルス法務主任者

社会保険労務士をしております鈴木早苗と申します。

大阪の短大を卒業後、家事手伝いを経て上京して小売業の本社に入社。アルバイト経験も何もなく、初めて仕事に就きました。

携わった仕事は庶務を経て事業本部の秘書業務及び計数管理を担当

ここでfor the customers精神を学び、社長の「会社が何かしてくれるわけではない。自分は会社のために何が出来るか」という言葉は、その後の私の仕事に向き合う姿勢の原点となります。

5年間の勤務の後、秘書検定も取り、秘書業務をもう少し深めたくて総合美容業(ヘアーサロン、エステティックサロン、スポーツクラブ)の会社の社長秘書、製造業(プラスチック容器等各種包装資材)の会社で社長秘書として勤務。

総合美容業(ヘアーサロン、エステティックサロン、スポーツクラブ)では、いわゆる秘書業務に追われる毎日でしたが、それでも店長会議に同席したり店舗視察に同行する中で、人の管理の難しさは垣間見ることができました。

「できません、無理です」は教えられたわけではないけれど、この当時から現在に至るまで自分の中の禁句になっています。

製造業(プラスチック容器等各種包装資材)では工場の損益管理・経費分析・工場生産高管理も担当し、長期在庫の削減と格闘する毎日でした。

秘書として経営者のすぐ横で見聞きすることで、経営者のものの見方、考え方、仕事の仕方から従業員への想いまで非常に厳しい視線と懐の深さを目の当たりにしました。

「ただただがむしゃらに仕事にぶつかっていった6年半でした。

少しは社長の目線と同じ目線に立てたかなと思える瞬間が増えてきたころ、もっと経営と広く深くかかわりたい、共通の言葉で社長と論じ合いたいと思い、働きながら「社会保険労務士」の取得を目指します。

時はちょうど社会保険労務士も手続き業務からコンサルタント業務に幅を広げなければいけないと言われていたころです。この流れが総務事務の経験がない私を後押ししました。

コンサルタントならばお客様は社長が多いだろうし、今までの経験も少しは役立つだろうと、40歳を目前にして無謀にも独立を模索し始めます。

縁あって千代田区内の社会保険労務士事務所で勤務しながら社会保険労務士の仕事とは何かを速習させていただき、2003年自宅のある横浜で社会保険労務士として独立しました。

見込み客はおろか貯金も協力者も何もない、まさに無謀でした。

初めてのお客様は異業種交流でたった5分お話した保険代理店の方の紹介で証券システムのアウトソーシングサービス会社(従業員約300名)の適格年金で積み立てていた退職金を他の積み立てに移行し、退職金制度も不利益変更を含めた見直しをするというコンサルティングでした。

今考えると無謀(これでもう無謀という言葉が3度目の登場です!)ともいえるチャレンジですが、経験の少なさは熱意と知識の仕入れで補う!

以来この精神で、正直荷が重い案件にぶつかることもありますが、何とかいただく報酬に恥じない仕事をしてくることができました。

派遣事務時代に経験したJVでの現場事務、ビル管理会社の管理業務、コールセンターバイザー業務などでの経験も、ご依頼いただく企業の労務問題を考えるときの引き出しのひとつとして有効に活用させていただいています。

開業当初から現在にいたるまで、労務相談や就業規則の作成、変更を主に展開してきています。

規程を見直していると、社長には自社の問題点が見えてくるのでしょう。人材マネジメントの必要性を感じて、人事管理から一歩進んだマネジメントとしての人事制度の作成、見直しに気持ちが進みます。

今では、就業規則の見直しと同時に人事制度の構築のご依頼も多くなりました。どこの会社にも人事制度こそ明文化されていないだけで、社長の頭の中にはしっかり存在するのです。だからこそ今も会社は継続して存在しているはずなのですから。それを否定するのではなく、社員にわかるようにこれまで社長が頭の中で決めていた昇給、賞与、評価を明文化することが私の仕事です。

忙しい社長の場合、考えることはできるけれど、それをどう明文化すればよいのか、で立ち止まっておられる場合があります。

頭の中の内容を明確にし、かつ一緒に検証し文書化します。
こうした人事制度の構築、是正勧告の対応から労務管理の整備まで、常に人の問題に携わって現在に至ります。

初めてお会いする社長に会社の状況をうかがいながら、私は自分に問いかけます。

この社長に私はいったい何ができるのか?
何をご提供して報酬をいただくのか?

初めて東京に出てきて会社勤めをした日から私の仕事の姿勢は常にこの繰り返しです。あなたがいてくれてよかった!いてくれないと困ると言ってもらえるために for the customers

「できません、無理です」の代わりに、どうすればこの社長の思いをかなえてあげられるのか。どうすれば、業績UPに寄与できるのか。

今日まで、そしてこれからもご依頼企業の業績UPにつながるように、積み上げてきた経験と知識を知恵に変えて、ご提供していくのが私の使命です。

これからも社長と熱く会社の未来を語っていける「経営のパートナー鈴木早苗」でありたいと思います。

 

鈴木早苗 経歴

1961年 大阪府生まれ
1982年 私立聖母女学院短期大学(大阪)卒業
1986年 上京と同時に小売業の本社 食品商品本部勤務
1992年 理美容業の会社の社長秘書として勤務
1997年 製造業(プラスチック容器等各種包装資材)の会社の社長秘書として勤務
2001年 在職中に社会保険労務士資格取得
2002年 千代田区内の社会保険労務士事務所にて勤務
2003年 横浜の自宅にて鈴木社会保険労務士事務所開業
2004年 東京都中野区に事務所移転
2006年 東京都千代田区のインキュベーションセンター内に事務所を移転
2009年 東京都中野区に事務所移転
現在、中・小規模企業の労務管理相談・指導、就業規則作成、人事制度(賃金・退職金制度の見直し業務等)構築及び、上場支援業務に従事している。

 

主なセミナー開催実績

  • 2014.10.09「特別セミナー 手取りを変えずに社会保険料を賢く節約して、年金を最大限受け取る方法」(自社開催)
  • 2014.10.03「特別セミナー 手取りを変えずに社会保険料を賢く節約して、年金を最大限受け取る方法」(自社開催)
  • 2014.06.11「社員が伸びる会社に共通する人事制度の仕組み」(自社開催) 2014.06.11「役員報酬適正化セミナー」(自社開催)
  • 2013.11.13 「社員が辞める本当の理由を知っていますか? 人が辞めない組織を作る人事労務3 つのポイント」(自社開催)
  • 2012.06.15 「ストップ!会社の労務トラブル」
    ~経営者・管理職が知っておきたい労務管理~(自社開催)
  • 2012.05.17 中小企業の人事制度完全構築セミナー
    ~社員を成長させて業績を向上させる仕組みを作る~(自社開催)
  • 2011.5 よくわかる社会保険・労働保険の手続き・実務ポイン
    ト(主催:横浜中法人会)
  • 2011.5「社会保険・労働保険の実務とポイント」(主催:石川県経営者協会)
  • 2011.5「社会保険・労働保険の実務とポイント」(主催:立川法人会)
  • 2011.03.04 「中小企業のための就業規則講座」 ~労務リスクから会社を守り、 社員が安心できる就業規則の作成と見直しのポイント! (杉並区商工会議所)
  • 2011.02 よくわかる社会保険・労働保険の手続き・実務ポイント(ぶぎん地域経済研究所主催)
  • 2010.10 あなたの会社の社員が進んで役員をめざすための「役員報酬規程の作り方」セミナー
  • 2010.6 知らないと損する労務管理 (自社主催)
  • 2010.5 社会保険・労働保険のポイント (主催:立川法人会)
  • 2010.5 社会保険・労働保険のポイント(主催:横浜中法人会)
  • 2010.5 社会保険・労働保険のポイント (主催:石川経営者協会)
  • 2010.3 社会保険・労働保険のポイント (主催:五泉商工会議所)
  • 2010.3 中小企業のための就業規則講座(主催:東京商工会議所 )
  • 2009.8 ブレイクポイントベンチャーセミナー (主催:ブレイクポイント株式会社 )
  • 2009.7 就業規則の知識と作成の基本 (主催:石川県経営者協会)
  • 2009.7 「社会保険のしくみ講座」「労働保険のしくみ講座」(主催:埼玉県経営者協会 )
  • 2009.5 社会保険・労働保険の手続き・実務ポイント (主催:社団法人立川法人会 )
  • 2009.5 よくわかる社会保険・労働保険の手続き・実務ポイント (主催:社団法人横浜中法人会 )
  • 2008.12 ブレイクポイントベンチャーセミナー初めての雇用 成功の秘訣と落とし穴(主催: ブレイクポイント株式会社)
  • 2008.8 経営者管理者向け2度と失敗しないための労務管理リスク対応【就業規則】の作り方セミナー (自社及びブレイクポイント株式会社 共催 )
  • 2008.3 社員5人~50人規模のための【就業規則】の作り方セミナー( 自社主催 )
  • 2007.3 できていいない労務管理 10のチェックポイント (主催:プロフェッショナルサークルネットワーク )
  • 2007.1 10個のしくみで中小企業がベンチャー企業に変身する労務管理セミナー (自社主催)
  • 2006.11 放置してはいけない労務管理10のチェックポイント (主催:解決バンク )
  • 2005.5 就業規則は必要ですか? (主催:新川崎ロータリークラブ )
  • 2004.2 税制適格年金を考える増え続ける債務今、退職金制度と向かい合うこと(主催: 川崎中央ロータリークラブ)
  • 2004.1 社会保険労務士から見た税制適格年金からの移行措置の問題点と あるべき姿へ導く行動スケジュールについて (主催:解決バンク )
  • 2003.10 2012年あなたの会社は生き延びていますか?
    ~もうひとつの長期借入金!!増え続ける債務~( 自社主催)
  • 2003.8 リスクマネジメントからみた就業規則(主催: アイ・ポート神奈川)
  • 2003.5 「建青会」勉強会 法律改正(労働保険・社会保険)概要と解説 (主催:東京建輸会事業協同組合)

主な執筆・掲載履歴

3万名の人事担当者を会員とする人事ポータルサイト
「HRプロ」 にて、特別コラム(全6回)を執筆。

寄稿したコラムは以下のとおりです。

 

 

休暇と休日の違いって何?(2014/10/29)

あいまいな定額残業代の導入は未払い残業代を増やす(2014/7/14)

パワハラと業務上の指導の線引きはどこ?(2014/5/21)

36協定と労働時間管理(2014/4/2)

評価項目はウソをつく(2014/2/28)

人間関係の改善により社員が辞めない組織を作る方法(2014/1/31)

評価の可視化が社員の辞めない組織を作る(2014/1/10)

社員が辞めない組織を作る、人事労務3つの改善ポイントとは?(2013/11/29)


経営者会報(現ニュートップL)誌にて、実務の相談「私用メールや仕事と関係のないサイトの閲覧をやめさせたい」の回答を担当しました。

 

 

 

 


立川法人会NEWSで連載中」(平成23年4月~9月)

4月号:メンタルヘルス対策の問題点に関する記事を執筆しました。(PDFでご覧いただけます

5月号:労災保険と損害賠償責任に関する記事を執筆しました。(PDFでご覧いただけます

6月号:退職勧奨に関する記事を執筆しました。
PDFでご覧いただけます

7月号:転籍には労働者の同意が必要という記事を執筆しました。
PDFでご覧いただけます

8月号:当日の有給取得の申請を拒否できるかという記事を執筆しました。
PDFでご覧いただけます

9月号:時間外労働を後日生じた遅刻で相殺できるでしょうかという記事を執筆しました。
PDFでご覧いただけます