東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

2011.04.07【人事労務のポイント】初任給調査結果(東京)と1年単位の変形労働時間制

 

顧問先の皆様、普段お世話になっている皆様はじめ、
名刺交換、セミナーにお越しになった方、
メルマガ登録、ダウンロードしていただいた方等に
お送りしております。
 
こんにちは。
社会保険労務士の鈴木早苗です。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪今日の内容≫

  1.4月1日付鈴木早苗のブログでご紹介
「東北地方太平洋沖地震関連情報 雇用・労働関係」
2.【人事労務のポイント-1】
「平成23年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果」(東京労働局)
3.【人事労務のポイント-2】(節電対応)1年単位の変形労働時間制         
──────────────────────────────────
いつの間にか東京でもソメイヨシノが満開になったと6日気象庁が
発表しました。
確かにふと上を見上げると、そこには桜並木が広がっていました。
ずっと緊張していた心が少しほぐれた感じがします。
1ヶ月足らずの間に、この国の自然は、厳しさと優しさの両方を
見せつけてくれます。

 ----------------------------------------------------
メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
一番下のメール配信停止をクリックしてください。
---------------------------------------------------- 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4月1日付ブログでご紹介
「東北地方太平洋沖地震関連情報 雇用・労働関係」               
──────────────────────────────────
厚生労働省では「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震関連情報
雇用・労働関係」というページで雇用調整助成金、労働基準法の取り扱い、
失業給付、労災給付に関する特例措置などの情報を掲載しています。
4月1日付のブログで、これらの情報についてまとめて紹介しています
ので、情報収集にはそちらも合わせてご覧ください。
⇒http://blog.goo.ne.jp/hot-sr

----------------------------------------------------
メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
一番下のメール配信停止をクリックしてください。
---------------------------------------------------- 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「平成23年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果」(東京労働局)            http://www.roudoukyoku.go.jp/news/index.html   
──────────────────────────────────
2011年3月31日、東京労働局より
「平成23年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果」が公開されました。
これは都内各公共職業安定所が受理した平成23年3月
中学校・高等学校・短大(高専を含む)・大学(大学院)
・専修学校等卒業者に対する「中卒用求人票」・「高卒用求人票」および
「大卒等求人票」を用い、求人数および求人初任給を調査したものです。

 学歴別の求人初任給は以下のとおりとなっています。
大学 204,000円(前年比0.0%)
短大 185,000円(前年比0.0%)
専修 184,700円(前年比▲0.2%)
高校 166,000円(前年比▲1.4%)

 最も高い産業別求人初任給は、
大学では[不動産業,物品貸付業]の210,000円(前年比2.8%増加)

 短大では[不動産業,物品貸付業]、[宿泊業,飲食サービス業]の
195,000円(同6.0%増加、同2.6%増加)

 専修では[不動産業,物品貸付業]、[宿泊業,飲食サービス業]の
195,000円(同6.0%増加、同4.0%増加)

 高校では[建設業]の172,300円(同1.5%減少)

 最も低い産業別求人初任給は、
大学では[生活関連サービス業,娯楽業]の190,000円(同5.0%減少)、

短大では[運輸業,郵便業]の179,200円(同1.8%増加)

 専修では[運輸業,郵便業]の177,100円(同3.6%増加)

 高校では[生活関連サービス業,娯楽業]の152,000円(同5.0%減少)

 経営再建にはスピードとやる気の維持だと言われています。
大震災で経営計画等、企業は迅速な変更を迫られます。
私は、やる気と賃金は別物という考えを持っていますが
なんとか初任給は、この金額を下回らないようにしたいものですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ (節電対応) 1年単位の変形労働時間制             
──────────────────────────────────
夏場の節電対応として、企業が取るべき方法がわかれば何の苦労も
しませんが、来る夏に備えて、出来得る範囲で準備をしておくかが
重要です。
このとき、節電への対策を考えると同時に、労務管理(時間管理)も
忘れないようにしてください。

 経済産業省が節電できる電力量がわかるWebページを公開しています。
http://www.meti.go.jp/setsuden/index.html


4月6日時点では、政府は企業や工場などの大口事業者に対して、
「電力の使用制限」を発動し、平日のピーク時の最大電力を
25~30%削減する。7~9月の平日午前10時~午後9時に
使用電力が一瞬でも上限を超えないよう命じる。としています。

 午前10時~午後9時が対象となると、夜中に働くしかないという
ことでしょうか?
すでに、工場を持つ企業は、大企業に関わらず、機械稼働を
深夜・休日に変更したり、5月の連休を出勤日に変更することも
考えておられるかもしれません。
※就業規則に休日振替や変形労働時間制について規定しておくことが
必要ですね。
規定されていますか?

工場を持つ企業では、1年単位の変形労働時間制を採用していることが
多いようです。
今回の計画停電等の影響で当初作成した年間カレンダーの
労働時間の変更の必要が生じた。
生産調整で休業をしたために、年間カレンダーの休日設定の
変更の必要が生じた。等々、あるかと思います。

 本日最初に取り上げた
「東北地方太平洋沖地震関連情報 雇用・労働関係」の中の
「東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準法等に関するQ&A(第2版)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017f2k.html
ここで1年単位の変形労働時間制(労働基準法第32条の4)について、
厚生労働省の見解が書かれています。

 少し長いですが、全文を転記します。

 Q 今回の地震により、事業場又は関連事業場が被害を受け、
当初の予定どおり1年単位の変形労働時間制を実施できなくなった場合、
週を超えて休日の振替を行うことは可能でしょうか。

 A 労働基準法第32条の4においては、労使協定において、
1年以内の変形期間を平均して1週間あたりの労働時間が
40時間を超えない範囲内で、1週に1回の休日が確保される等の
条件を満たした上で、労働日及び労働時間を具体的に特定した場合、
特定の週及び日に1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超えて
労働させることができるとされています。

   また、1年単位の変形労働時間制を採用した場合、予期しない事情が
生じ、やむを得ず休日の振替を行わなければならないときには、
同一週内に限り休日の振替を行うことができるとされています。
したがって、週を超えての休日振替は認められません。
( ↑ 週に1回の休日の確保を指す)

   なお、御質問にあるように、今回の地震により、
1年単位の変形労働時間制を採用している事業場において、
当初の予定どおりに1年単位の変形労働時間制を実施することが
困難となる場合が想定されます。1年単位の変形労働時間制は、
対象期間中の業務の繁閑に対応するために対象期間を単位として
適用されるものであるので、労使の合意によって対象期間の途中で
その適用を中止することはできないと解されています。

   しかしながら、今回の地震による被害は甚大かつ広範囲に及んでおり、
当初の予定どおりに1年単位の変形労働時間制を実施することが
企業の経営上著しく不適当と認められる場合には、
労使でよく話し合った上で、
1年単位の変形労働時間制の労使協定について、労使で合意解約
をしたり、あるいは協定中の破棄条項に従って解約し、
改めて協定し直すことも可能と考えられます。

   したがって御質問については、こうした方法により対応いただく
ことが考えられます。
ただし、この場合であっても、解約までの期間を平均し、
1週40時間を超えて労働させた時間について割増賃金を支払うなど
協定の解約が労働者にとって不利になることのないよう留意が必要です。   

~ここまで~

  さて、1年単位の変形労働時間制は、会社が業務の都合で
任意に労働時間を変更することがないことを前提としています。
よって、そもそも休日振替が頻繁に起こり得るのであれば、
採用できないとされています。
よって、上記Q&AのA(アンサー)にあるように、予期しない
事情が生じ、やむを得ない場合に限って同一週内での振替を認めて
いますので、いかなる場合でも週を超えて休日の振替はできないもの
としています。(平成11.3.31基発168号)

1年分のカレンダーを作成するのでなく、特例で認められている
対象期間を1年とした場合の最初の1か月以外の期間について、
労働日数と総労働時間を定めた労使協定を締結している場合は
各期間(最初の1ヶ月以降の各月)の初日の30日前に
具体的に労働日と労働日ごとの労働時間を、労働者代表の同意を得て
書面で定める、とされています。

地震の影響で生産活動の計画がたてにくいとしても
1年単位の変形労働時間制を適用するのであれば、各期間
(最初の1ヶ月以降の各月)の初日の30日前に決定した具体的な
労働日とそれぞれの労働時間は原則として変更できないものとして
作成しなければなりません。

休日振替する日の労働時間が8時間を超えているときは
通常は時間外労働が発生すると考えられますので注意が必要です。
もともと出勤日としていた日の労働時間が9時間と設定されている時
これを振替る先の当初休日だったものは、労働日ではないので
8時間として設定しています。
この差の1時間は時間外労働となりますので割増賃金が発生すると
いうことになります。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

経営者の方々は、学者の方のように、今回の大震災を
想定外と言って片づけるわけにはいきませんね。
夏に向かって、まだ方策は見えてきませんが、
それでも予測し、十分な準備をしておくことのみが
不安を解消してくれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴 木 早 苗
-------------------------------------
鈴木社会保険労務士事務所
東京都中野区沼袋2-15-11-301
phone:03-5345-9727 Fax:03-3389-2961
E-mail:info@suzukey-stone.com
URL http://www.suzukey-stone.com

バックナンバーの一覧に戻る

鈴木早苗のメルマガにご登録ください