東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

2010.08.11【人事労務のポイント】当日の有休取得の申し出は拒否できるか

 

メルマガ登録いただいた方
普段お世話になっている皆様はじめ、
名刺交換、セミナーにお越しになった方、
ダウンロードしていただいた方等にお送りしております。

こんにちは。
鈴木社会保険労務士事務所の鈴木早苗です。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪今日の内容≫
1.夏期休暇のご案内 
2.【人事労務のポイント】
当日の有休取得の申し出は拒否できるか
3.雑感 ~ブログのご案内~
─────────────────────────────────
1.夏期休暇のご案内
7月から「暑いですね」と挨拶代わりに言っていたので
すっかりこの言葉にも飽きてしまうほど、毎日猛暑です。
皆様のところではいかがですか?

今年もお客様のおかげで夏期休暇をいただきます。

   【鈴木社会保険労務士事務所の夏期休暇のご案内】
8月13日(金)~8月18日(水)

  ----------------------------------------------------    
メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
一番下のメール配信停止をクリックしてください。
----------------------------------------------------

 2.最近では一斉に夏期休暇を取らない会社も増えて

   きました。

   9月に入って涼しくなってから取得するという方もいる

   でしょうが、家族で田舎に帰ってと考えると、やっぱり

   お盆をはさんだ休暇となるでしょうか。

   まだまだ、分散取得の普及とはいかないですね。

   ただ、行政の発表を見ても企業として有給休暇の取得は

   促進していかなければならない傾向にはあります。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問
あなたの部下が「始業時刻間際に電話してきて今日、
有休を取得したいんですが」と申し出てきました。
さて、この申し出は拒否できるでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

答え-有給休暇(以下、年休といいます)の取得を認めず
欠勤扱いとすることが可能です。

 年休は、継続勤務期間の出勤率が8割以上あれば、
当然に労働者に付与されます。

 労働者の請求を持って「発生」するものではありません。

 使用者(=以下会社といいます)の「承認」という概念の
入る余地はありません。

では、質問の場合はどうして拒否できたのでしょうか?

 ポイントは会社の時季変更権です。

会社がこれを行使できるのは
・事業の正常な運営を妨げるとき
・年休を取得する前に手続きを行う

 ○事業の正常な運営を妨げるのはどんな時?
年末の業務繁忙時
同一期間に多数の労働者がまとまって申請してきて
全員に付与するのが難しいとき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
判例(此花電報電話局事件大阪高裁昭53. 1.31判決)より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  時季変更権を使用者が行使するか否かについては

 「事業の規模、内容、当該労働者の担当する作業の内容
性質、作業の繁閑、代行者の配置の難易、 労働慣行等
諸般の事情を考慮して客観的に判断すべきである」

としています。

 労働者から年休の申請(時季指定)があって、会社が時季
変更権を行使しない場合に年休が成立となります。

質問の場合はどうでしょうか?

 この「時季変更権」が当日の申し出に対して
行使できるでしょうか。

 年休の申請が当日の朝では、会社に時季変更権を行使するか
否かの判断をする時間的な余裕をまったく与えずになされた
申請であり、時季変更権を行使することが不可能であると
思われます。

 申請が当日の始業前であっても、すでに午前0時を過ぎて
いるので「労働日」が始まってからの事後の申請であると
いうことになります。
この点からみても欠勤扱いとすることは可能と言えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
判例 (此花電報電話局事件最高裁 昭57. 3.18判決)より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「労働者の年次有給休暇の請求(時季指定) が
使用者に時間的余裕を与えずなされた場合、使用者の
時季変更権の行使が休暇期間が開始しまたは経過した後
になされたとしても、そのためにこれを違法とすること
はできない」

  としています。

  質問のケースでは、申請を認めないというのが妥当である
と言えます。

  勿論、御社が、就業規則によって当日申請を認めている
場合、事後速やかに申し出れば年休への振替を認めると
規定しているような場合には、このような取り扱いは
できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実務で気をつけたいこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実務では、病気やケガなど、やむを得ない場合もあります。
原則通り、当日申請は認めないとすることも可能です。

  しかしながら、それもまた融通が利かないと労働者の不満
を招く恐れもあります。

  そこで、就業規則上に、原則は認めないとしておき
緊急、やむを得ない場合で会社が認めた場合に限り

事後の振替を認めると規定しておいてはいかがでしょうか。
年休取得は労働者の指定する日に与えるのが原則ですから
事前の申し出ありきです。
よって事後の振替を認めるかどうかは、会社の裁量により
ます。

  大丈夫だとは思いますが、
「会社が認めた場合に限り」をある労働者には認め、
別の労働者には認めないという取り扱いはしないように
しましょう。

  後の労務トラブルの原因になります。

  お盆の時期は電話も少ないので「認める」とするなら、
それは前例となり、毎回認めたり認めなかったりと、
判断をころころ変えるのも避けたほうがよいでしょう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
3.雑感

~暑さ寒さも彼岸まで~

たまに30度を下回っても油断は禁物ですね。

   まだまだ夏はこれからです。

   全国的に今年の夏は例年以上に暑いと聞いています。

   皆さんのところではいかがですか?

   どうぞ、体力に自信がある方もない方も
体調管理には十分気をつけてください。

ブログもよければごらんください。
「有休を使い切る国の最下位は日本」(2010.8.10更新)
⇒http://blog.goo.ne.jp/hot-sr/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴 木 早 苗
-------------------------------------
鈴木社会保険労務士事務所
東京都中野区沼袋2-15-11-301
phone:03-5345-9727 Fax:03-3389-2961
E-mail:info@suzukey-stone.com
URL http://www.suzukey-stone.com  

 

バックナンバーの一覧に戻る

鈴木早苗のメルマガにご登録ください