東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

2009.05.14【労務管理のポイント】雇用保険の適用範囲の拡大

 

こんにちは。
鈴木社会保険労務士事務所の鈴木早苗です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月は新入社員とおぼしき一団が固まって出勤している姿が
あったのですが、ゴールデンウィークの終わりとともにその姿
もなく皆それぞれの配属先に散らばっていったのでしょう。

そろそろ新入社員が落ち着いてきた今、ハローワークでは
その離職理由をめぐってトラブルが増えているようです。

----------------------------------------------------
  メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
  一番下のメール配信停止をクリックしてください。
----------------------------------------------------

ハローワークの窓口での離職票のトラブルが最近増えている
ようです。

ひとつには、自己都合退職の場合に必要とされる被保険者期間

が6か月から1年に延びたことで、支給要件である1年を満た

すために複数の会社の離職票を合わせて窓口に申請する人が増

えたからです。

前職で会社都合で退職しても直近の会社を自己都合で退職すれ

ば直近の理由が優先されます。

退職理由によって支給開始の時期や給付日数に差があるので、

いざ窓口に行ってそのことを知りトラブルになるケースもある

ようです。

今回の「雇用保険法」の改正で、雇用保険の適用範囲が拡大さ

れました。

雇用保険法の適用範囲の改正はコチラから
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/05.pdf

これまでの
「1年以上の雇用の見込みがある」という被保険者の前提が

「6か月以上の雇用の見込みがあること」
に改正されました。

これによって、会社から見ると被保険者とすべき従業員の範囲

が広がることになります。

会社にとっては保険料の増加!です。

現在労働条件を通知する文書には

「期間の定めあり」で契約する場合、契約を更新するかどうか
を記載しなければなりません。

契約を更新することを前提にしていて、更新しない場合は

今回新設された「特定理由離職者」とされ、特定受給資格者と
同じく給付日数が一般退職時に比べて上乗せされる場合があり
ます。

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────
☆特定受給資格者とは
  倒産、解雇等により、再就職の準備をする時間的余裕がなく

 離職を余儀なくされた者が該当します。

 有期労働契約を結んでいる者が契約期間満了で離職しても

 特定受給資格者とはなりません。

☆特定理由離職者
1.期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働

 契約の更新がないことにより離職した者(その者が当該更新

 を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立

 するに至らなかった場合に限る。)

 ただし、契約更新が明示されていた場合、3年以上の更新が

 あった場合は「特定受給資格者」となります。

2.正当な理由のある自己都合により退職した者

正当な理由とは? http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a2.html
(中段より下をご参照) 

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

離職理由は基本手当の給付内容に影響があるため、
ハローワークでも慎重に確認します。

単純に離職票に会社都合、自己都合と書けば通るというもの

ではないことに留意しなければなりません。

そうでないと、離職票を提出した後で、理由の訂正をする

「補正願」というものを提出しなければならなくなります。

その際には当然理由を証明する資料も必要です。

今回の改正で保険の加入手続きをしていないで退職した場合、

6か月雇用され被保険者期間を満たしている従業員から、保険

加入と喪失の手続きを求められるということになります。

人を採用するとき長く働いてほしいと思って採用する反面

本当に長く働いてくれるかわからないという気持ちも、社長

の中で混在することでしょう。

だからと言って最初をうやむやにするのでなく、労働条件通

知書の「契約更新欄」は最初によく吟味して、契約更新あり

にチェックするのかどうか、検討しなければなりません。

労働条件通知書の雛型
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken01/pdf/f.pdf

 中小企業では雇用調整が求められる一方で、1人辞められて

も大きな損失です。

 辞められる損失の上に、一度提出した離職票を再提出という

 手間をかけるのは時間の無駄です。

 最後の手続きまで慎重に、そして迅速に執り行うことが、

 従業員への義務というだけでなく、会社にとっても無用な

 仕事を増やさないポイントでもあります。
 

今日の内容が貴社のお役にたてば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴 木 早 苗
-------------------------------------
鈴木社会保険労務士事務所
東京都中野区沼袋2-15-11-301
phone:03-5345-9727 Fax:03-3389-2961
E-mail:info@suzukey-stone.com
URL http://www.suzukey-stone.com

バックナンバーの一覧に戻る

鈴木早苗のメルマガにご登録ください