東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

2009.02.26【労務管理のポイント】入社時に必要な手続き

 

顧問先、関与先の皆様はじめ、
名刺交換、セミナーにお越しになった方、弊事務所に
問い合わせ、ダウンロードをしていただいた方に
お送りしております。

こんにちは。
鈴木社会保険労務士事務所の鈴木早苗です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

花粉症の人にとっては、雨は花粉の飛散が少ない恵みの雨?

ひと雨ごとに春が近づいてきています。

個人的にはWBCの開幕にも期待が高まります。

あっと言う間に4月が来てしまいます。

----------------------------------------------------
メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
一番下のメール配信停止をクリックしてください。
----------------------------------------------------

現在は通年採用が一般的になりましたが、やはり入社は4月が
多いようです。

皆さんのところでも、やはり春に入社する人数が一番多いで
しょうか?

今日は入社時に必要な手続きについてお話してみたいと思い
ます。

■入社の時の提出書類は整備されていますか?

就業規則には実際の提出書類を明示していますか?

就業規則に明示しているものより、提出してもらうものが多い

場合、それはやはり問題の元になります。

いかがですか?明示と実態の整合性を取るようにして
くださいね。

もし皆さんの会社の営業所や店舗が全国展開で、なかなか

書類が集まらないというのであれば、提出期日は○日以内と

明示しておきましょう。
(もちろんこれを根拠に各営業所等に連絡して周知する
ことが必要です。)

さて、皆さんの会社が営業で車を使用するのであれば、

営業として採用するのであれば「運転記録証明書」を提出

書類に加えてはいかがでしょうか。

「自動車安全運転センター」
http://www.jsdc.or.jp/certificate/index.html

過去の運転記録が証明された書類で、交通違反などの履歴が

表示されています。

業務中に労働者が事故を起こせば、その責任は本人ばかり

でなく会社にも責任が問われ、損害賠償に発展します。

大きな経費(リスク)が発生してしまうことになります。

この運転記録証明書は、個人情報でもありますから、

きちんと管理しなければなりませんが、プライバシー問題より

もなお、事故を未然に防ぐことが会社の責任でもあることから、

この書類の提出を求めること自体は問題ないでしょう。

そのうえで、車両管理規程の整備にも着手していきましょう!!

■入社時の給与設定は?

入社時におこなう労働条件の明示の中には当然給与額も
あります。

この給与はどうやって決定されていますか?

前職がある場合は前職相当、賃金表であらかじめ初任給が

決まっている等、それぞれの会社で対応が決まっておられる
ことでしょう。

ここで気をつけていただきたいのは、給与額だけが会社負担
額ではないということです。

そうです!皆さんおわかりのように、社会保険料(健保
・厚生年金)の額もあわせて会社の人件費負担額です。

------------------------------------------------------
220,000円の初任給で通勤手当10,000円の人の場合
支 給 額      230,000円  1
健康保険料(労使折半額)9,840円  2
厚生年金(労使折半額) 18,420円  3

 1+2+3の合計258,260円が毎月の負担額となります。
(ここでは毎月会社負担が発生しない労働保険料は省いて
います)
-------------------------------------------------------

厚生年金保険料は平成29年まで毎年0.354%引き上げられ

ますので、今年の9月分からは厚生年金(労使折半額)18,845円

となります。

人件費としては425円のUP→従業員は手取りが425円ダウン

入社で従業員が増えれば、まずは1年間の人件費予算をたてる

ことが必要な手続きといえますね。

ところで、社会保険料は給与額で決まるわけではありません。

標準報酬月額から求めます。

◎230,000円の給与額の場合(上記の例)
標準報酬は240,000円です。
標準報酬240,000円に該当する給与額は
230,000円~249,999円の範囲です。

毎月の会社の負担額は258,260円

◎250,000円の給与額の場合

標準報酬は260,000円です。
健康保険料(労使折半)10,660円
厚生年金(労使折半額)19,955円

 毎月の会社の負担額は280,615円

極端にいえば1円の支給額の違いが22,355円の負担額の違いを
生むことになります。

これは初任給に限らず、昇給時にも言えることです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 人にかかる経費はこれらの保険料に限らず必要経費では

 ありますが、そこに知恵や昇給時の人事評価などを加味して

 生きた経費にすることが必要です。

 粗利が下がると労働分配率が上がりますので、どうしても

 人件費の削減に手をつけたくなります。

 でも、その前に人件費以外にも経費はあって削減できること
も(会社の保険の見直し、光熱費、リースの借り換え等)

 忘れてはいけませんね。

 
この春、新入社員を迎えるときに、この情報が少しでもお役に
たてれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴 木 早 苗
-------------------------------------
鈴木社会保険労務士事務所
東京都中野区沼袋2-15-11-301
phone:03-5345-9727 Fax:03-3389-2961
E-mail:info@suzukey-stone.com
URL http://www.suzukey-stone.com

バックナンバーの一覧に戻る

鈴木早苗のメルマガにご登録ください