東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談をご利用ください。
東京都の特定社会保険労務士、鈴木早苗の公式サイト。就業規則・労務問題で悩む前に、無料相談

2009.02.12【就業規則のポイント】半休取得の記載

 

こんにちは。
鈴木社会保険労務士事務所の鈴木早苗です。

----------------------------------------------------
  メールの配信停止を希望される場合はお手数ですが
  一番下のメール配信停止をクリックしてください。
----------------------------------------------------

以前から何度も審議されていた労働基準法の一部改正法が、
平成20年12月に公布され、平成22年4月1日から施行
されることになったのはご存じの方も多いと思います。
直接就業規則の作成と関連するというわけではありませんが、
改正点のなかに有給の時間単位での取得が可能になるというのが
あります。

そこで、今日はこの有給についてお伝えしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

労働基準法の改正点はどこ?という方には、以下の厚生労働省
のパンフレットをごらんいただきたいと思います。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/12/dl/tp1216-1e.pdf

今日お話する年次有給休暇についての改正点は次のとおりです。

有給休暇を時間単位で取得できるようになりました。

原則「1日単位」で取得することとされているのを、一定の

手続きを行えば、1年に5日分を限度として、時間単位で取得

ができるようになります。(時間で取得するか、日で取得する

かは、本人が自由に選択することができます)

今回の労働基準法の改正は「仕事と生活のバランスを実現する

ため」の働き方の見直しをポイントとしています。

より有給を取得しやすくするために今回の改正の時間取得を

可能としたものです。

でも皆さん

実務では、時間単位の前に、労働者から半日単位の取得の

申出があった場合どうするか?を決めておくことが必要

ですね。

その前に、まず年次有給休暇について整理しましょう。

「使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続
勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続
し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければ
ならない。」 (労働基準法第39条)
(雇入れ日以降は6箇月経過後1年間で出勤率を見る)

これは労働者に当然に与えられる権利です。

よってこの取得については会社の承認を必要とするもの

ではありません。

では半日付与も当然に与えるものなのでしょうか?

通達では「1労働日を単位とするものであるから、使用者

は労働者に半日単位で付与する義務はない。」
(昭和24年7月7日、基収1428号、昭和63年3月14日、基発150号)

としています。

これは必ずしも禁止するのではなく、もう少し具体的に
通達で

「労働者がその取得を希望して時季を指定し、これに
使用者が同意した場合であって、本来の取得方法による休暇
取得の阻害とならない範囲で適切に運用される限りにおいて、
問題がないものとして、取り扱うものとする」と述べています。
(平成7年7月27日基監発第33号)

皆さんにダウンロードしていただいた就業規則のP22の中段

にも少し触れていますが、会社が認めれば半日取得もできる

ということです。

ではどのように規定すればよいでしょうか?

 規定例
  ============================
  年次有給休暇は半日単位で取得することができる。
  ただし半日単位の取得は1年度にあたり○日を限度とする。
  ============================

ただし~ の部分は必須ではありませんが、ここで半日休暇の

日数に上限を設けるのは

 ・原則は日単位で取得する有給休暇を取得するもの
  ・本来の休養を取るという目的を逸脱して、遅刻したときに、
   半休を振り替えるという弊害をなくすため

☆規定では上記以外にも、半休の前半、後半の区切りを明確に
表示しておくこともポイントです。

 例 午前(前半)半休 9時~13時
    午後(後半)半休13時~17時

有給休暇は労働者の当然の権利ですが事前に申し出ることを
規定することはできます。

☆会社には申し出された日が事業の正常な運営を妨げる場合
には、時季を変更することができます。

この時季を検討し変更を行使するためにも、労働者には事前に
申し出ることを規定しておく必要があります。

 事前に、○日前までにとした申し出を規定する条文を明記
  しておきましょう。
  ※事前申し出を1週間前とした場合、合理性に欠け、年休
  行使を妨げるものとして無効となるおそれがありますので
  注意が必要です。

有給については、まだまだ注意すべき点がありますが、
今回は労働基準法の改正を受けて半休取得の規定化について
お伝えしました。

皆さんの就業規則作成の参考になれば幸いです。

■■■ちょっと一言■■■
  東京では先週あたりから花粉の飛散が始まったように
  感じます。
  花粉で春を感じるというのもちょっとなぁというところ
  ですが、確実に春はそこまで来ているようです。
  北海道から福岡の方までダウンロードしていただいている
  のですが、皆さんのところではいかがですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鈴 木 早 苗
-------------------------------------
鈴木社会保険労務士事務所
東京都中野区沼袋2-15-11-301
phone:03-5345-9727 Fax:03-3389-2961
E-mail:info@suzukey-stone.com
URL http://www.suzukey-stone.com

バックナンバーの一覧に戻る

鈴木早苗のメルマガにご登録ください