リーダーはこうして生まれる | 評価賃金制度の設計・決め方|承継人事

リーダーはこうして生まれる

第059号

サッカー日本代表が、相手のパラグアイが
ベストメンバーではないとは言え、
W杯前最後のテストマッチで4点取ってパラグアイに
勝てたのは良かった~。

スイス戦とはガラッと布陣を変えたイレブンの
キャプテンは山口蛍選手でした。

試合後、西野監督は、

「間違いなく彼はそういう立場で、そういう役割をチームの中で果たさないといけない選手。そういう立場になれば間違いなく果たしてくれるリーダー性は備えていると思う」
と、ゲームキャプテンに抜擢した意図を語った。

8年前の南アフリカ・ワールドカップ直前に、
中澤選手から長谷部選手にキャプテンが
引き継がれたことを思い出して、感慨深く
感じたものです。

メディアとしては、南アフリカではベスト16だったので、
夢よもう一度と、重ね合わせて語りたくなるのかもしれません。

セレッソ大阪でキャプテンを務める山口選手は
自らも口にするように「プレーで引っ張っていくタイプ」

前回W杯も経験している選手が多く、年齢も高い、
いわゆる成熟しているチームの場合は、
カリスマ性のある、たとえば本田選手がキャプテンするより、

山口選手のような決して上から押さえるタイプではない
リーダーが合っています。

でもそれ以上に、西野監督には
いずれ果たさなければならない選手
という思いがあったといいます。

以前、ブログでも書いたように

評価制度を作ってもリーダーは育てられない
http://suzukey-stone.com/2018/05/03/020/

リーダーは育つもので、育てることはできませんが、

リーダーとしての経験をどのように積ませられるか
どのタイミングで積ませるか、

これは、できるということです。

山口選手のキャプテン抜擢は、
「本人に伝えないなかミーティングで指名した」
という突然の任命だったといいます。

リーダーは育てられないけれど、
リーダーをやってもらうと決めることはできる。

ということです。

ワールドカップで勝ち抜くのは
簡単ではないでしょうが、
6月19日初戦のコロンビア戦、
誰がピッチにたっているのか、
キャプテンは誰なのか、楽しみです!

お読みいただき、ありがとうございました。

【チームビルディングセミナーを開催します】
*****************************************
6月29日19:00より
「効き脳を知って、今いるメンバーで効率よく成果を出す方法を学ぶセミナー」
詳細はこちらをご覧ください。

あなたの効き脳をweb受検していただきます。
http://suzukey-stone.com/2018/06/12/seminar_18629/
*****************************************

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。