半数以上のセミナー参加者がブログを365日続けられたワケ

つまるところ人と組織

社長の想いを語りなおして

思考×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする

鈴木早苗です

                                           第001号

先日、365日ブログNJE理論セミナーというのに参加してきました。

私の周りでは、士業やそれ以外の人の間でも、ブログを毎日書いている人が増殖しています(笑)
講師はこの方、板坂裕治郎さんです。
人たらしなお方です。

そのセミナーで紹介された興味深い数字があります。

13期までは、参加者の達成率4%程度

14期以降は、参加者の達成率53%

期によっては、100%(全員)達成の場合もあるというものです。

ちなみに私は58期です。

 

どうして急激に達成率が上昇したかというと

 

以前は、講師と参加者の1対1の関係性だけだった

ものを、フェイスブックでグループページを作って、

参加者同士が仲間として励まし合える仕組みを作ったら、

こうなったというものでした。

 

へぇ~それだけで。と思うかもしれませんね。

やっぱり、周りに迷惑かけられないというのは、継続するうえで

大きな意味づけになります。

 

もちろん、最後は自分の気持ちと、どう向き合うかです。

365日書き続けた先に目指すゴールが明確にないと、

1年365日はやっぱり難しいですもんね。

 

でも、まずは、

2人に一人は仲間の存在で続けられるということに注目しましょう。

そして、踏み出してみることですよね。

 

達成率が大幅に上昇するには、やはり仕組みが存在します。

 

評価制度にも仲間を意識した仕組みがあります。

 

成果を上げる仕事のやり方があるなら、それを部署内で

共有しましょう。という考え方を取り入れています。

 

評価項目の出来栄えを1~5段階で評価する場合

5点(最高点)は、自分自身ができるだけでなく、

部下やまわりの人に教えている、というのを

要件にしています。

 

こうして仕組みに入れれば、教え合うことが徐々に定着

するという考えです。

 

皆さんの会社ではどんな仕組みを導入していますか?

 

個人の出来栄えに点数をつける評価シートも、組織の

一員として意識できるような要素を入れていきたいですね。

 

 

お読みいただいてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。